otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン スペイン国鉄(RENFE)でストライキ。 運航率33%から75%

|



スペイン国鉄労働組合は4日、予定していた24時間ストライキを決行したことが、ヨーロッパプレスの報道で分かった。 


ストライキの影響で、スペイン高速鉄道(AVE)の運航率は72%、中距離手章夫は65%から63%、近郊鉄道セルカニアスは75%から最大33%まで減ることになる。


今回のストライキは、先月11日に鉄道のメンテナンスなどを行う技術者らを含む労働者が人員不足のため満足なサービスを提供できないとして、人員増強を求めるためにストライキを行うと通告していた。 


本日のストライキは4日0時から23時まで行われる予定で、貨物列車も影響を受けることになる。


労働組合と国鉄との間に何らかの合意が得られなければ、9月14日と15日にも引き続き同じようなストライキが行われる予定。


ソース

Renfe afronta este viernes una jornada de huelga

スペイン スペイン国鉄運転士労働組合、9月4日、11日、14日、15日にストライキ

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。