otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 2020年東京五輪エンブレム使用中止に関するスペイン各誌の反応

|


2020年東京オリンピックのエンブレムについて、佐野研二郎氏デザインのエンブレム使用中止を組織委員会が検討しているという報道を受け、スペイン現地紙もこの件に関して報道した。


ABC

 「大会の組織委員会が2020年東京オリンピックのエンブレムを公開してから数日後、オリビエ・ドビ氏が自身のデザインしたエンブレムと酷似していることから佐野研二郎氏デザインのエンブレムを批判、物議を醸しだしていた。 ドビ氏は2年前にベルギーの劇場用にデザインしたロゴと酷似していることから8月10日、ベルギー国内で訴訟を起こしていた。 組織委員会は今日まで佐野氏を擁護し、先週にはロゴがどのように出来上がったか説明会を開いていた。 しかしながら疑惑はドイツのタイポグラファー、ヤン・チヒョルトからの盗作まで広がった。」


El MUNDO

 「2020年東京オリンピックに関して日本政府が抱えている問題はこれだけではない。 ザハ・ハディッド女史がデザインしたオリンピックスタジオが、建設費高騰で批判を浴び、新しいプロジェクト案を完成させるために時間が差し迫っている。」


La Vanguardia

「本日行われた会議で、エンブレムのデザインは盗用していないとしながらも、展開例に使用した写真は、インターネットから流用したことを認めた。 2020年東京オリンピックに関して日本政府が抱える問題はエンブレムだけに限らない。   ザハ・ハディッド女史がデザインしたオリンピックスタジオが、建設費高騰で批判を浴び、新しいプロジェクト案を完成させるために時間が差し迫っている。」


La voz de Galicia

La Vanguardia と同じ記事


20minutos

 「英語綴りで”東京”、”チーム”、”トゥモロー”の頭文字”T”をあしらったエンブレム。 デザインしたのは佐野研二郎氏。 ベルギー人デザイナー、ドビ氏は自身のフェイスブックで2年前に劇場用に作成したロゴと2020年東京オリンピックのエンブレムを比べた写真をアップロードした。  組織委員会は以前、オリンピック会場の建設費高騰を市民らによって批判され、デザインを変更しなければならなかった経歴がある。」


ソース

Tokio 2020 retira sus logos por el parecido con los del Teatro de Lieja

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。