otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ガリシア サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂改修費1700万ユーロ承認へ。

|


スペイン内閣は28日、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂の改修費として、1700万ユーロを計上することを承認した。 昨年11月にラホイ首相が現地を訪れた時に約束したことが現実となった。


政府の発表によると、2015年の国家予算であらかじめ計上される予定であった。 この援助金をもとに、ガリシア州は大聖堂の修繕を終えることが出来る。 予定では2020年12月31日までに終わらせるとのこと。


次の聖ヤコブの年は2021年で、この年に巡礼した巡礼者は全ての罪が許されると信じられており、なんとかこの年までに改修が終わるようだ。


ソース

Autorizada la inversión de 17 millones en la restauración de la Catedral de Santiago

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。