otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ルームシェア賃貸料金が一番高いのはサン・セバスティアン(idealista.com)

|

(写真 ヨーロッパプレス)


賃貸不動産検索ポータルサイトidealista.comが26日発表したデータによると、スペイン国内でルームシェアの賃貸料金が一番高いのはパイス・バスコ州の街サン・セバスティアンであることが分かった。


上位4位と平均賃貸料は以下の通り

1位 サン・セバスティアン (346ユーロ)

2位 バルセロナ (344ユーロ)

3位 マドリード (339ユーロ)

4位 ビルバオ (311ユーロ)


反対に安かったのは

1位 アルバセテ (170ユーロ)

2位 ア・コルーニャ (174ユーロ)

3位 アルメリア (178ユーロ)

4位 ムルシア (179ユーロ)


データによると、昨年比で12%の需要増加、1640万件の検索が検知された。


賃貸料は0.2%上昇で、国内平均280ユーロ。 全スペイン国内でルームシェアを提供している市民の割合はマドリードが44%、バルセロナが29.5%となった。


このタイプの賃貸で成約率が最も高かったのが、30歳前後、非喫煙者、ペット不所持であった。


また、同じ屋根の下で暮らす住民の性別に関しては

男女共同 62%

男性のみ 27%

女性のみ 11% 

となった。


ソース

Compartir habitación es más caro en San Sebastián, Barcelona, Madrid y Bilbao

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。