otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ アルビオルPPC候補者「チリンギート解体、悪ふざけは終わり。」 独立派に対して

|

(写真 ヨーロッパプレス)


州選挙に立候補しているカタルーニャ国民党(PPC)のハビエル・ガルシア・アルビオル氏は25日、PPCとカタルーニャ市民社会(カタルーニャ独立反対組織 2014年4月23日に設立:SCC)の会議の後記者会見を開き「27S(9月27日に行われる予定の州議会選挙)の投票率が72%から73%で独立派のチリンギート(スペインのビーチによくある、飲み物などを提供する簡単なつくりの出店)を解体することが出来る。」と語った。


SCCとの会議後、記者会見の場でこのように声明を発表したハビエル氏は、「チリンギートを解体、冗談は終わり。」としながらも、「独立に興味が無い市民も、27S に積極的に参加することが重要だ。」と、投票率の高さが27S のカギを握ることを示唆した。


SCCのジョセップ・ラモン・ボッシュ会長も、これに同調「いつもの州議会選挙の投票率60%から62%では、独立派が絶対過半数を獲得してしまう。 これに対抗するには”少なくとも”75%から80%必要となるだろう。」と語った。


独立派市民はほぼ全員が投票所に行くことが予想されているため、政治に興味が無い浮動票を取り込むことによって、カタルーニャ独立派のフンツ・パル・シ”Junts pel Sí”に対抗する目論見。


ソース

Albiol (PP): un 72% de participación "desmonta el chiringuito a los independentistas"

スペイン バルセロナ アダ・コラウ市長「バルセロナ・エン・コミュ党はカタルーニャ独立協会参加への投票を棄権するでしょう。」
スペイン カタルーニャ社長会会長「約1000の企業がカタルーニャを後にした。」

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。