otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ヨーロッパ チクングニア熱、スペインで初めて。

|


欧州疾病予防管理センター(ECDC)は24日、7月末に初めてスペインで見つかったネッタイシマカ、ヒトスジシマカ等を媒介にするウイルス性の伝染病「チクングニア熱」と見られる病状を確認したのを受け、警戒するよう促した。


チクングニア熱と見られる病状を発症したのはバレンシアのガンディア在住の60歳男性で、フランスに旅行中、体調が悪くなり病院で診察を受けた。 男性はフランスに到着してから3日目であり、専門家の医師によると、潜伏期間を考えるとバレンシアで感染した可能性が高いとのこと。 


バレンシアでは2013年から、このヒトスジシマカが確認されていた。


ECDCは、関節痛、頭痛、結膜炎、羞明等の症状が出たらすぐに病院に行くよう勧めている。 


ソース

Europa alerta tras el primer caso autóctono de Chikungunya en España

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。