otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ 数十台のタクシーがバルセロナの繁華街を占拠

|


8月21日早朝、数十台のタクシーが多くの観光客で賑わうポルト・オリンピックに集まり、一時交通を麻痺させた。 


この運動は、違法タクシーの取り締まりを政府に要請するため。 マリティモ通りや、マリーナ通りに集まったタクシーの運転手らは、自治体警察と一触即発の状態にまで緊張が高まった。


タクシー労働組合のスポークスマンは、「アダ・コラウ市長との会議を要請する。 彼女と同じテーブルに着くまで、我々はこの運動を毎日続ける。」と語り、違法タクシーの取り締まりに関する一定の法規制を早急に発効するよう求めた。


現在バルセロナでも使用が禁止されている個人タクシーアプリ「UBER」であるが、スポークスマンによると、同アプリが使用できた期間に知り合った客とドライバーが、今度は「WhatsAPP」などを使い連絡を取っており、合法タクシーの売り上げに影響を与えているとのこと。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。