otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン中央銀行2016年末までに、失業率が20%まで下がると予想

|

スペイン中央銀行のルイス・マリア・リンデ総裁は18日、ここ18か月続いている進展がこのまま続けば、2016年末までに国内の失業率は20%にまで下がると予想した。


リンデ総裁は声明の中でこのように発表。

「マクロ経済の環境に企業側が労働環境を変化させた柔軟な対応で、雇用が増えた。」

 「この一年半に及ぶ動態的な観測によると、このまま被雇用者の数が増えれば、2016年末までには失業率は20%まで下がることが出来るだろう。」と、スペイン経済に対し、楽観的な見方を示した。 スペイン中央政府は2016年末までに19.7%まで下がると予想している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。