otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 労働者の半数以上が肥満、13.5%が高コレステロール。フレマップ(共済)調べ

|



スペインの共済組合の一つ、フレマップ(FREMAP)が2014年に行った健康診断81万2千人を対象に行った研究によると、スペイン人労働者のうち54%が肥満、32.5%が難聴、13.5%で高コルステロールということが分かった。


スペイン人男性労働者で、肥満と診断された男性は61%。 しかし女性は31%にとどまり、多くの男性労働者が肥満と診断されていることが分かった。 男性の労働者のうち約半数の47%は77キロから85キロ、これに対して女性労働者のうち22%は約70キロ、27%が約62キロ、20%が55キログラム周辺であった。


また、聴覚に異常がみられる割合が32.5%と高い数字が出たことに関して、フレマップの事故防止部門当局の会長ホセ・マヌエル・ゴメス・ロペス医師は、「多くの労働者に聴覚の異常がみられる。 仕事現場における過度の騒音によって引き起こされている可能性が高い。」と指摘。


その他のデータでは、労働者の22%が近視、乱視、老眼などの視力障碍があり、3.47%が色覚異常だった。 


今回の研究で唯一是正されたのが喫煙率で、2012年に32.5%だったものが、2014年には30.9%まで低下していた。


ソース

El 54% de los trabajadores españoles padece sobrepeso, el 32,5% pérdidas auditivas y el 13,5% colesterol alto

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。