otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナのホスピタルクリニックで最新型手術支援ロボ、ダビンチXiシステムを使い、2回の腎臓移植成功。

|

スペイン・カタルーニャ州・バルセロナ市内にあるホスピタルクリニックは、昨年11月3日にスペインで初めて、手術支援ロボ「ダビンチ」の最新型第4世代モデルを導入し、7月の間に2回の腎臓移植を成功させていたことが分かった。 


同病院は、来年行われる腎臓移植手術のうち40%、60件をこの支援ロボを使用しオペする予定とのこと。 今までの手術は、患部を大きく切り開かなければならず、術後の傷も目立っていたが、この最新手術ロボを利用することにより、複雑な手術でも1-2センチメートルの小さな穴を複数開けることで実施することが可能となり、合併症や感染症の比率を下げ、輸血などの管理作業が減り、入院日数を短縮する可能性がある。


現在この最新モデル「ダイビンチXiシステム」を有している病院はスペイン国内で3棟。 ここバルセロナのホスピタルクリニック(Hospital Clinic)、ガリシア州・ア・コルーニャ県のサン・ラファエル・コルーニャ病院(San Rafael Coruña)、マドリードのクリニカ・セムトロ(Clinica CEMTRO)





ソース

El Clínic apuesta por la cirugía robótica para el trasplante de riñón y prevé que más del 40% de las operaciones se realicen con esta tecnología en 2016 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。