otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリードの図書館合計12館で、深夜1時まで開館。 9月の入試試験を受ける学生のために。

|

マドリードにある12の図書館が、8月24日から9月11日までの間、開館時間を深夜一時までに延長すると発表しました。 


公立図書館では、通常、月曜日から金曜日、朝9時から夜の9時までの開館時間でしたが、今回行われる開館時間の延長では、週末も図書館を利用できるようになります。 


図書館を利用する際、DNI等の身分証明書を提示する必要があります。 また、通常の時間外での図書の貸し出し業務は行われません。 さらに、幼児エリアは閉鎖されます。 インターネットへのアクセスや、オンラインデーターベースへのアクセス、文書のコピー、定期刊行物へのアクセスもできません。 つまり、勉強する場所のみが提供されるので、注意が必要です。


時間が延長される予定の図書館は


la Central

José Acuña

Rafael Alberti

Antonio Mingote

Manuel Alvar

Retiro

Pedro Salinas

Luis Rosales

Moratalaz

José Hierro

Vallecas

María Moliner


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。