otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 失業者数7月も大幅に減少。 1998年以来最高の減少数。

|

スペインの公共雇用サービスオフィス(ハローワーク)が4日、公表した情報によると、7月のスペイン国内における失業者数が7万4028人減少、全体で4,046,276人となったことが、ヨーロッパプレスの報道によりわかった。


この減少数は、昨年同月の二倍以上(29,841人だった)、2010年9月の失業者数より低い数字となった。


失業者数は6ヶ月連続で減少、この八年間で、37,000人の減少。


16の自治州で失業者が減少、アンダルシアが19,319人減少、ガリシアが12,691人減少、カタルーニャが9,162人減少。 反対にエクストレマドゥラが279人増加。


若者の失業者も減少、25歳未満の失業者が8,989人減少し、6月と比べて2.61%減少、1年で14.3%も減少した。


失業者が減少しても、仕事の質、雇用者との契約の質も重要となるが、7月に正社員(La contratación indefinida)として契約された人数が123,839人。 昨年同月比で、8.56%の上昇となった。


ソース

El paro registrado desciende por sexto mes consecutivo.



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。