otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ発砲事件 拳銃で撃たれたオランダ人逮捕

|

カタルーニャ自治州モススダエスクアドロ警察は30日、今週火曜日にバルセロナの繁華街、ラバル地区で起こった発砲事件で、銃弾を受けた男性を逮捕したことが、ヨーロッパプレスが伝えたところにより分かった。


ヨーロッパプレスが警察より得た情報によると、今週火曜日にバルセロナの繁華街で起きた発砲事件で、銃弾を受け、市内のホスピタルクリニック(病院)に搬送されたオランダ人26歳男性を逮捕したとのこと。 男性は当初ロシア人の可能性があるとみられており、ベルギーの偽造パスポートを所持していた。


事件当初一緒に居た、避難時にシルケンホテルのガラスドアを破り、けがを負った英国人男性の証言により、銃弾を受けた男性の身元が分かった。 


その結果、入院しているオランダ人男性は、オランダ警察当局より逮捕請求が出ており、欧州命令により、自治州警察はこの男性を逮捕した。


英国人男性の身元も判明したが、今のところ犯罪の嫌疑はなく、保釈されている。


モススダエスクアドロ警察は、入院しているオランダ人男性からの証言をまだ聞いておらず、発砲事件がなぜ起こったかまだ分かっていない。 また、発砲した犯人の行方を追っており、この地区の防犯カメラを検証している。


関連記事

スペイン バルセロナ発砲事件[続報]。


ソース

Detenido el herido de bala del Raval porque le buscaba la justicia de Holanda

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。