otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン C型肝炎患者18,134人に次世代新薬投与

|

スペイン国内でC型肝炎の診断をされている患者51,900人の内、進行度の高い患者ら18,134人に対し次世代新薬を含む新しい治療法が施された。


中央政府の保健社会政策・男女共生省が、各自治州政府より集めたデータを、世界肝炎デーにて発表した。


公表されたデータによると、次世代新薬が投与された18,134人のうち、6,520人は「Hervoni」が使用され、残りの3,849人は「Viekirax : exviera」が投与された。 これら次世代新薬は、高い治癒率を誇り、保健社会政策・男女共生省が、公的資金を投入し4月1日から投与が開始された。


今年に入りすでに3月2日には異なる新薬「Sovaldi」と「Olysio」も中央政府の資金調達により、それぞれ6,434人と、1,331人に投与されていた。


ソース

Más de 18.000 pacientes españoles con hepatitis C han recibido los nuevos tratamientos en el primer semestre de 2015

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。