otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ  アルトゥール・マス氏が州知事になってから、1,300社が出ていったことが明らかに。

|

2010年12月27日にアルトゥール・マス氏がカタルーニャ州知事になってから、合計で3,800社以上の企業が州から出ていったことが、ヨーロッパプレスの報道で分かった。


2011年1月から2015年上半期までの間、約3,800の企業がカタルーニャから出ていき、反対にカタルーニャに本社を設置した企業が2,547社となった。 したがって、この期間カタルーニャ州は1,300社減ったことになる。


しかし、首都を有するマドリード州はこの期間、5,758社がその州を離れたものの、7,524社がこの州に本部を置いた。 したがって、1,766社増えた。


バレンシア州は、2,247社が他の地域から訪れ、1,866社が出ていった。 こちらも361社増えている。


アンダルシア州はカタルーニャ州と同じく、差し引き703社が減ってしまった。


2011年から現在まで、カタルーニャ州を出ていった3,839社のうち、約半数の1,681社はマドリードに引っ越しをした。 その他、513社がバレンシアへ、392社がアンダルシアへと移った。


2011年から2015年上半期までの期間、企業が出ていった数が最も多かったのが2014年。 この年は、分離独立の機運が最高潮に達し、州の予算を使い非公式のカタルーニャ州独立分離を問う住民投票が行われた。 この年に他の州に引っ越した企業の数は987社に上った。


ソース

Más de 3.800 empresas se han mudado de Cataluña desde que llegó Artur Mas

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。