otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ワインを掛け合う”クラレテワインの戦い”

|

スペインのアラゴン、リオハ、パイス・バスコ等でよく飲まれるワイン、クラレテワイン(Vino Clarete)を掛け合う祭りが26日、リオハのサン・アセンシオで行われた。 このお祭りは1977年より行われており、市役所は給水車などを提供、トラックも4台貸しだした。


現地時間12時半より大量のワインを積んだトラックや人々がワイン蔵から街の中心まで練り歩く。 クラレテワイン酒造者らと、町長がワインを掛け合うと、祭りの開始の合図。 今年は一時間かけて3万リットルから4万リットルのワインが消費された。


このお祭りは、7月の最終週の日曜日に行われる。 毎年参加者が増え、今年は約5千人が参加した。


クラレテワインとは、大量の白ブドウと共に、赤ブドウの皮を付けたまま発行させるワイン。 ロゼワインと非常に似ているが、製造工程は異なる。 その昔、特にリオハでクリアンサ(赤)や、レセルバ(赤)のワインを作っていた時、成熟過程でその色を失ってしまい、それらのワインをクラレテワインと名付けたことがその起こりといわれている。





ソース

La Batalla del Clarete "lanza" más de 30.000 litros de vino

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。