otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バレンシア 分娩中にC型肝炎に感染、バレンシア保健省に11万ユーロの支払い命令

|

バレンシア自治州最高裁判所第二回目公判で、裁判所は、アリカンテ総合大学病院で分娩中、C型肝炎に感染した女性に対し、11万ユーロを支払う湯尾、バレンシア保健省に命じたことが25日、ヨーロッパプレスの報道で分かった。


2013年12月、バレンシア保健省はこの分娩中の事故に関して関与を否定、これに対し、マノロ・マタという名前で最高裁に上告していた。


バレンシア保健省と病院の管理不足を指摘。 バレンシア最高裁は調査を行い、女性が入院していた2月22日から24日までの間に、肝炎の酵素値の上昇が確認され、勝訴の判決を言い渡した。


具体的には、2008年2月、7月、11月、2009年1月に検査を行っており、数値は平均であった。 これが2009年4月に行われた検査では8から10倍の数値に上昇していた。 これにより、入院中にC型肝炎に感染したと結論付けられる、とした。


ソース

Sanidad pagará 110.000€ a una mujer que se contagió de Hepatitis C durante el parto

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。