otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン国鉄(Renfe) 赤字半減。 2016年にはプラスマイナス「ゼロ」へ

|


スペイン国鉄(Renfe)は21日、今年の上半期の純損出が6020万ユーロとなり、前年比で52.6%減少したと発表した。 


Renfeは、この調子で行けば2015年は1億ユーロの赤字にまで抑えられると期待しており、2014年と比べて50%減少、2016年には「赤字をなくす」戦略プランを立てている。


現在スペイン国鉄は「+Renfe」プロジェクトを推進中で、品質と効率を向上させ、新たな乗客を呼び込み、収益性を高める努力を行っている。 このプロジェクトには、年内に実装予定のスペイン高速鉄道(AVE)での公衆無線LANサービスも含まれている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。