otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン スペイン北部で暴風雨警報、南部で高温警報

|

(写真 AEMET)

スペイン気象庁は21日、スペイン南部で再び40度を超える猛暑、北部では上空にたまった冷たい空気の塊の影響で激しい雷雨が起こると予報



暴風雨警報(黄色警報 通常の危険度)

ウエスカ、サラゴサ、テルエル、ブルゴス、レオン、パレンシア(Palencia)、ソリア、バルセロナ、ジローナ、リェイダ、リオハ


大雨警報(黄色警報 通常の危険度)

サラゴサ、バルセロナ、ジローナ


大雨警報(オレンジ警報 重要な危険度

ウエスカ、リェイダ


高温警報(黄色警報 通常の危険度)

カディス、ウエルバ、マラガ、ウエスカ、サラゴサ、テルエル、アルバセテ、シウダッド・レアル、クエンカ、グアダラハラ、トレド、アビラ、リェイダ、マドリード、カセレス、バダホス、イビサとフォルメンテラ、マヨルカ、メノルカ、ムルシア


高温警報(オレンジ警報 重要な危険度)

グラナダ、ハエン、セビリア、コルドバ


特に、セビリアとコルドバで40度を超えると予報


引き続き暑い日が続いています。 水分を十分に取りましょう。

また、北部では、洪水の被害も出る場合がありますので、十分注意してください。


関連記事

スペイン 12歳の女の子、落雷で死亡 ジローナ



ソース

AEMET

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。