otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 期限切れの人工関節を埋め込まれたとして、20名余りが集団訴訟 タラゴナ

|


現在、タラゴナでは医療企業と政治家の癒着問題イノバ事件(Caso Innova)に関連し、トライベル社(Traiber)のCEマークを取得していない、人工器官(関節)が30の病院で、約2,800人の患者に埋め込まれ、術後の経過を州保健サービスがモニタリングをしている。


そのうち、特に被害者数が多かったサン・ジョアン・デ・レウス病院の1,500人の患者のうち、20人余りが同病院に対し、集団訴訟を起こした。


滅菌保証が切れた人口関節を故意に埋め込んだとして、今後、健康上なんらかの問題が起こった時のための保証を病院に求めた。


欧州内で消費、販売される商品に原則表示および取得が義務付けられているCEマークが、問題となった人工関節には取得されていなかった。 さらに、さらに2014年11月にはスペイン中央政府の医療機関当局(Agencia Española del Medicamento)より、その製品の質の悪さと、ライセンス無しで製造していたことから、全ての製品の使用を禁止するよう通達がなされていた。


関連記事

カタルーニャ州保健省 30の病院で欠陥人工器官・装具を置換された2,800人の患者を監視。


ソース

Unos 20 afectados de prótesis defectuosas se agrupan como acusación particular en el caso Innova 



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。