otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ラホイ首相「多くの人を傷つけることになる。」とカルメナ市長に警告。 マドリード市の観光税導入検討の発表を受け。

|

ラホイ首相は13日、マドリード市が来年から観光税導入を検討しているとの発表を受け「多くの人を傷つけることになる。」と警告したことがヨーロッパプレスの情報で分かった。


首相はさらに「他の人が決めた決定事項を批判するつもりはないが、この件に関しては細心の注意を求める。」「現在、スペインの観光部門は非常にうまくいっている。 売上はGDPの11%に上り、観光業に従事する労働者は200万人に及ぶ。」と語った。


また、ルーマニア首相とラホイ首相が会合を行った後の記者会見では、観光業界に対する行動は注意しなければならず、飲食業、ホテル業の付加価値税率の引き上げを見送り、現行の10%を維持すると発表していた。


関連記事

マドリード 2016年から観光税の導入を検討


ソース

Rajoy avisa a Carmena de que puede "perjudicar a mucha gente" con la tasa turística

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。