otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン交通局 今年の夏、高速道路利用台数8150万台と予想、昨年と比べて4%増。 新たな交通安全キャンペーン実施中

|

スペイン交通局 今年の夏、高速道路利用台数8150万台と予想、昨年と比べて4%増。 新たな交通安全キャンペーン実施中


スペイン交通局(DGT)は今年の夏休み高速道路を利用する車の台数を8150万台と予想、昨年と比べて4%増える見込みだと発表した。

この内180万台は外国からくる車。


高速道路を利用する人が増える夏の期間、グアルディア・シビル警察はスペイン国内で1万人を増員して交通安全の監視に努める。


2013年、交通死亡事故でかかった費用は140万ユーロ、実にスペインGDPの1%に及ぶ。


そこでGDPは新たな交通安全キャンペーン「世界で一番高い物」を行っている。



なぜ、このサングラスが世界一高いサングラスかは、こちらから。




安全運転で楽しい夏休みをお過ごしください。


DGT(スペイン交通局)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。