otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリードのマヌエラ・カルメナ市長 スペインの銀行と会談続ける。

|


マドリードの新市長マヌエラ・カルメナ女史は、その政策の柱に強制立ち退きをさせられた市民への救済措置の強化があり、ホームレス「0」を目指している。


これを実現するため、実際に多くの空き家を抱える金融機関と協力し、一時的にせよその居住空間の提供を呼び掛けている。


これまでカルメナ市長はスペインの主要銀行の社長らと会談を繰り返しており、2日、バンキア銀行とは、「契約を準備する用意を始めた」と公表、バンキアの持つ空き家をマドリード市が貸し出せるように、市に譲渡できるようにする予定。



ソース

Carmena se reúne este jueves con Isidre Fainé de CaixaBank

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。