otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

​小説家フアン・ゴイティソーロ 2014年セルバンテス賞受賞

|



「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」で有名なスペイン近代作家ミゲル・デ・セルバンテスの命日(4月23日)に行われる、同作家の名前にちなんだ、スペイン語圏のもっとも権威のある文学賞の一つ、セルバンテス賞の授賞式が行われ、バルセロナ生まれの小説家フアン・ゴイティソーロ(84歳)が受賞した。


授賞式でフェリペ国王からメダルを受け取ったのち、フアンさんは現在のスペインの現状を「経済危機、政治腐敗、社会危機、私の持っている情報によると、失業率は20%を超えており、今日スペインは貧困にあえいでいる。」と語り、痛烈に批判した。 また、現在行われているセルバンテスの遺体の調査に対して、「日の下にさらさないほうがいいのではないか。」と語り、「セルバンテスの遺体を見るために観光客が増えるのは、サンタクロースのプレゼントが中国の工場で作られているようなものだ。」と批判した。




フアン・ゴイティソーロ氏は、ボスニア・ヘルチェゴヴィナの首都サラエヴォで起きた、内線のルポタージュ「サラエヴォ・ノート」が大きな反響を呼んだ。 主な作品は、「禁猟区」(1980年)、「戦いのあとの光景」(1982年)等。


ソース

Goytisolo: "Los contaminados por nuestro primer escritor no nos resignamos a la injusticia"

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。