otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ破たんの危機

|


ボスポピュリによると、ゼータグループのエル・ペリオディコ・デ・カタルーニャが、1億2000万ユーロの負債があり、グループがこれを救済する為の措置を現在凍結していることが分かった。


銀行はゼータグループとの協定で、3月31日まで1億2000万ユーロの支払いを待っている状態だ。 これは、ホセ・マヌエル・ララ・ボッシュ氏が、エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャの株23%を購入したのを受けた協定であった。 しかしながら、ララ・ボッシュ氏が1月31日に死亡したために、契約が凍結している状況だ。 


ゼータグループは、バンコ・ポピュラル、ラ・カイシャ、BBVAと取引を行っており、合計で1億2000万ユーロの負債を追っており、毎年、800万ユーロを支払わなければならない。 


この数か月、アントニオ・アセンシオの息子は、グループ・ゴドー(ラ・バングアルディア)にエル・ペリオディコ・デ・カタルーニャの売却を提案したものの、これを拒否。 


ゼータグループはエル・ペリオディコ・デ・カタルーニャの売却を三つの言葉で表した。”進展、だが、凍結”。 凍結したところで、いつでも解凍できる。 同社は、今回の件に楽観的で、良いニュースを期待している。


ソース元

El Periódico de Catalunya, en peligro tras no progresa la operación Lara 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。