otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ選手ヘラルド・ピケ、警官を侮辱して900ユーロの罰金

|





FCバルセロナ所属ヘラルド・ピケ選手は、昨年10月13日にバルセロナのマリティム通り(Paseo Maritim)

で警官と揉めた。これを受け2月19日に裁判所に出廷するよう命じられていた。


事の起こりは去年10月13日マリティム通りでピケ選手が駐停車禁止の場所で彼の愛車アウディが20分以上にわたって駐車されていた。 これを発見したスペイン警察Guardia Civil)の警官2人が違反切符を作成。 これをみたピケ選手は警官に「俺に違反切符なんか切らないよな?ブラザー?」と発言。 その他にも「この違反金はお前の父親が払え。」「警察官はみんな飢え死に寸前だ。 コミッションを貰えるから違反切符切るんだ。」などと警官たちを侮辱していた。また、持っていたボールを警官の足元に蹴ったりした。


原告側の弁護士アンドレス・マルエンダはピケ選手の経済力を鑑みて、だいたい1万500ユーロの罰金を予想していたと語った。


ピケ選手が出廷を命じられた当日、バルセロナのディアゴナル通りとカサノバ通りの交差点付近

で、女性が運転するバイクとワゴンが交通事故を起こした。たまたま現場近くにいたピケ選手が自身の車から降り、女性の介護を手伝った。 幸いホスピタルクリニック病院の近くで事故が起こり、女性はすぐに搬送され命に別条はなかった。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。