otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン中央・北部で週末にかけて降雪予想 通行が規制されるところも

|

2月2日(金)、昼に報道されたスペイン国立気象局(AEMET)の警報によると、今週末はイベリア半島の中央と北部、具体的に言うとガリシア、アストゥリアス、カンタブリア、バスク地方、ナバーラでは雪がまた主役になる見込み。総合交通管理局(DGT)は自動車を利用して出かける前に、旅行の準備をしっかり整える様に注意を呼びかけている。


2日未明の降雪で既に車道20本以上が封鎖を余儀なくされた。土曜の朝は標高900m~1200mで降雪は弱まるものの、昼ではガリシアから到来する寒波が半島の北西から南東にかけて勢いを増し、特にカンタブリア山脈と西ピレネーがその影響を受ける予想。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。