otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン氏 「これで独立プロセスは終わってしまった」

|

先日、バルセロナで行われたはずのカタルーニャ州首相就任の信任投票がルジェー・トゥレン議長の判断により延期されたとほぼ同時に、カルラス・プッチダモン氏と共にベルギーに逃亡したトニ・コミン元州会議議員は同国ルーヴェン市(Leuven)でイベントに出席する中、プッチダモン氏から受けていたダイレクトメッセージを読みながら、真後ろに座ったスペインテレビ局「Telecinco」のリポーターがスマートフォン画面を盗撮に成功した。


Puigdemont messages
*写真はTelecincoの番組「AR」から報道された


4件のメッセージの内容はスペイン現地で即話題になり、今後の独立勢力の威勢に影響を及ぼしかねない

・「カタルーニャ共和国の末期がまた目の当たりにしている」


・「モンクロア*からの計画は成功している。これでみんなが刑務所から釈放できればと願っているが、そうならなければ歴史的な恥はずっと拭えきれない

*モンクロアは首相官邸であり、ラホイ政権を指している


・「君もこれで終わってしまったと自覚しているだろう。我々は、少なくとも私が見捨てられた。君たちは(願わくば)役員のままで居残れば良いが、私はタルダ*が示唆していた様に生贄にされた

*ジュンケラス氏が党首だった「カタルーニャ共和主義左翼」(ERC)所属のジュアン・タルダ議員


・「寿命*はどれほど残っているか分からない(長ければいい!)、その分ここ最近の2年間を整理して、自分の名がこれ以上汚されない様に尽す。風評、ウワサ、虚言で深く傷つかれたが共通の目標のために耐え続けてきた。これはもう期限が切れており、残された命で自己防衛に徹するしかない

*この場合の寿命は「政治家としての寿命」を指していると考えられる


メッセージを暴露されてから、プッチダモン氏がTwitterでテキストの信憑性を確定させる反応を残した:

「私も記者であり、プライバシーの権利は守るべきものだと自覚していた。私は人間でもあり、迷う時だってある。同時に州首相でもあり、州民と国を想い、崩れたりや後退はしない。進もう!」

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。