otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルサのマスチェラーノ選手「夢から覚めなければならない」 中国1部に移籍

|

2010年の夏、イギリスのリヴァプールからFCバルセロナに移籍してきたアルゼンチン出身のDF、ハビエル・マスチェラーノ選手(33)はクラブに大きく貢献した7年半経った今、退団の決意を示した。移籍先となるのは中国1部の河北華夏幸福(Hebei China Fortune)。


Mascherano leaves


バルセロナ在籍中、通算334試合に出場し、合計18タイトルを獲得、そのカリスマと決断力でクラブの第4キャプテンまで上りきった小さきボスを意味する「へフェシート」ことマスチェラーノ選手だが、最近の出場頻度が下がってきた。


バルサが開けた感動的お別れ会にバルトメウ会長が参加し、「ここが君の家で、バルサは君のクラブ。プロキャリアを終えた時に帰ってきてほしい」という言葉を残してから、チームメイトのみんなが用意した感謝のメッセージビデオは流された。

*「7年半前、夢を叶えるためにやってきた僕がそろそろ覚めなければならない。夢が終わった、僕は思った以上に長かった夢が。今はお別れの時でも、みんなの愛情を受けて出ていけるのは願ってもない幸せ」


マスチェラーノ選手は更に心情を明かし、「僕はいつも楽しんでいた。ただ、バルサの様な巨大な存在にいながら、クラブ内の居場所を確保し続けるだけの力は僕にはもうなかった。リセットして初めからのやり直しは必要だった」とコメントする。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。