otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

日産スペイン バルセロナ工場で車種2つが製造中止

|

日産スペインは従来バルセロナで製造されてきた自動車モデル、日産・パルサー、及びNV200バネット(スペイン国内名称はEVALIA)は6月・7月を以て製造を中止すると発表した。日本企業はしかし、NV200ディーゼルと電気商用車のe-NV200両車種を国外向けに製造し続ける予定。


公式発表によると、今回のスケジュール変更は工場で働く3000人以上の従業員に悪影響を与えないと主張し、日産・ナバラ、ルノー・アラスカンとメルセデス・ベンツXクラスでパルサーの廃止を補えると言う。


Nissan pulsar

*6月にバルセロナで製造中止になる日産・パルサー。写真はMotorpasionから

この発言に関わらず、企業組合は急の生産予定低下に加え、2017年中、約2万3000台生産されたパルサーの代替車種を取り入れる動きの様子はないという事で、社内リストラ給与減少を懸念している。一方、日産ヨーロッパのポール・ウィルコックス会長(Paul Willcox)は、「我々の選択は欧州住民の需要変化と新しい傾向の表しである」と言う。更に「現在は電気自動車とクロスオーバーSUVのリードを強化したい」と指摘した。


日産のバルセロナ工場は1983年から稼働しており、前年度で自動車11万台以上を製造し、2017年総生産の87.5%を輸出した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。