otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン国民向け「悩みの種」調査アンケート カタルーニャ独立はランキング低下

|

12月1日から10日までの間、スペイン社会学研究センター(CIS)が同月21日に控えていたカタルーニャ州選挙を背景に、全国民を対象する「悩みの種」の調査アンケートを行った。今回は「カタルーニャ州の独立が心配」と答えた人の割合は16.7%だが、同じアンケートが行われた10月では29%にまで達して、比較すると著しく低下したのがわかる。


8月以前に悩みの種として答えていた割合が5%も満たなかった州の独立だが、9月に一方的な住民投票を発表されてから国民を急激に悩ませた。一方、12月の低下は前州政府が強行しようとした独立プランに対して、州自治性を制御する憲法155条が11月下旬に適用された事が原因と見られている。


2017年12月「悩みの種」調査アンケートの結果はこうなっている:(複数回答可)


1位・「失業」(66.8%)

2位・「汚職」(31.7%)

3位・「政治家」(28.5%)

4位・「経済問題」(22.9%)

5位・「カタルーニャ州の独立」(16.7%)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。