otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「動画」スペインのクリスマス宝くじ 小中学生は当選番号を歌い上げる?

|

12月22日、スペイン 首都マドリードのテアトロ・レアル(Teatro Real、王立劇場)から、国の重要イベントである「クリスマス宝くじ」の抽選が行われた。


抽選式自体はこの時期の中でも かなり期待高まるイベントで、国立テレビで放送される。00000番から99999番まで刻まれている100,000個の「番号玉」と当選金額刻まれている1807個の「賞金玉」は、それぞれ2つの「ボンボ」と呼ばれる丸い鳥かごの形をした容器に流し入れる。ボンボを回して出てくる番号と賞金の組み合わせが当選番号となる。


Bombos loteria

*ボンボはこんな感じ。番号玉10万個入りの方がとりわけ大きい


また、クリスマス宝くじの 最大の特徴と言えば、やはり番号と賞金額の玉が出る度にそれを拾い読み上げる、マドリードに位置するサン・イルデフォンソ学院の生徒たちである。独自的で単調なリズムは「読み上げる」より「歌い上げる」と言った方がいいかもしれない。しかし今年は、ある女子が熱情的になりすぎて、公証人の笑いと観衆の拍手を呼び起こした:



「太いの」を意味する「 エル・ゴルド」と呼ばれるクリスマス宝くじの1等当選額は目眩を呼び起こしかねない400万ユーロ(約5億3600万円)なのだが、スペイン宝くじの性質上、実質その1割の40万ユーロと読み取っても良い。なぜかというと、スペイン宝くじではクーポン1枚は本来200ユーロもする(約2万7000円)。かなり高価であるため、クーポンは10枚の「デシモ券」に分割される寸法。普段、みんなが買うのはこちらの20ユーロのデシモ券である。


Billete loteria
*今年2017年の「デシモ券」一例

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。