otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン最低賃金 2020年に向けて11万4000円相当を目指す

|

スペイン労働省は2020年を目標に、月額850ユーロ(約11万4000円)の最低賃金を目指していると、ファティマ・バニェス労働大臣(Fatima Banez)が発表した。


Fatima banez

*スペイン労働省のファティマ・バニェス大臣


また、2018年度に関しては政府は労働組合や中小企業組合との交渉の末、4%の引き上げに落ち着き、これにより最低賃金は736ユーロに達する(約10万円)。労働者53万人ほどが今回の引き上げの恩恵を受ける予想。


欧州内では、最低賃金2000ユーロ(約27万円)以上のスイスとルクセンブルクを除き、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー、アイルランドなどが平均として約1500ユーロ(約20万円)以上を保っており、スペインが以後3年間で目指している月額の2倍弱になっている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。