otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ人間の塔団体 国民党のスペイン宣伝ビデオに表示され、削除を求める

|

12月8日、スペインのマリアノ・ラホイ首相は12月21日に控えるカタルーニャ州選挙に向けた国民党の宣伝キャンペーンの一環として、Twitterのアカウント上で「我々の国と一緒に成し遂げた事を誇りに思おう。答えはスペイン統一」のメッセージでスペインを代表するいくつかの象徴をまとめたビデオを報道した。これにドン・キホーテで有名のラ・マンチャの風車、パンプロナのサン・フェルミン祭りフラメンコをはじめ、AVE高速鉄道やバルセロナのアグバール・タワーとサグラダ・ファミリアも確認できる。



しかし、ビデオ開始後2分が過ぎたところ、数秒表示されるバルセロナ郊外のビラフランカ・デル・ペネデスの「カスタリェース団体」(説明は文末に)は、これを「我々は団体のイメージを国民党の宣伝メッセージに悪用されるには一切許可しない州民を弾圧する政党を金輪際サポートしない」と訴えてきた。団長も削除を求めている。



更に、同団体は州の独立旗をかかげる団員やサポーターの写真使用を皮肉に勧める「おい、マリアノ・ラホイ!こういう写真を使ったらどうだ?」と挑戦的。



カスタリェース(Castellers)とは、カタルーニャ地方で200年以上続く民族的な風習である。規模によって数百に及び得る男女集団が隙間なくベース(土台)を作り、その上に3人ほどの「段」を組み上げ、できるだけ高い人間塔(カステイ、カタルーニャ語で城を意味する)を目指す。また、塔の組み上げを完成するには団体に属する「アンシャネータ」と呼ばれる子供がてっぺんに登らなければいけない。先ほど完成と言ったが、塔の無事解体も「カステイ」の成功に必要な条件である。2010年11月16日からはユネスコの無形文化遺産に記載されている。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。