otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

イベリア航空従業員 クリスマス直前にバルセロナ空港でストライキ呼びかけ

|

イベリア航空の労働者代表はクリスマス直前の12月21日~24日まで、バルセロナのエル・プラット空港の従業員2000名で7000時間に達する未払い残業を理由に、断続的の業務低減を呼びかけている。これらは違う時間帯で一日に合計4時間に上る予想。

今回のストライキ運動は、共同経営航空会社インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)に含まれるイベリア航空、ブリティッシュ・エアウェイズとVueling航空3社の着陸後アシスタンス手荷物預けや管理に影響を及ぼす見込み。


Barcelona elprat


近年に起きているVueling航空の成長に伴い、現在バルセロナのエル・プラット空港で雇用されている2000名は業務ペースに追いつけず休暇を取ることもできないまま「仕事量過負荷」と上層部とのコミュニケーション不足を訴えている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。