otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン最高裁 プッチダモン前州首相らの欧州逮捕状を撤回

|

スペイン最高裁判所のパブロ・ヤレナ裁判官は12月5日、ベルギーに逃亡したカルラス・プッチダモン前州首相及び元州閣僚4名に出された欧州逮捕状の有効成を撤回したが、スペイン国内での逮捕状は変わらず、帰国になった場合は逮捕される。

Puigdemont bruselas 2

*ベルギーでインタビューを受けるカルラス・プッチダモン氏

今回の12月21日州選挙は、投票日が普段の日曜日と違って、平日の木曜日に決まった事や候補数人は拘束中、あるいは国外に滞在しているなど、異質な要因が多い。ヤレナ裁判官は「容疑者は州選挙出馬で当選された場合は議員の活動を執行するためスペインに帰国すると窺える」と指摘した。


本日の知らせに対して、スペインでプッチダモン氏の弁護士を務めるクエビヤス氏はカタルーニャの3/24ニュース局の取材で、「最高裁はベルギー司法からの反応を避けたい。スペインが公平な裁判を保証できないと指摘されたくないだろう」と述べた。それでも、前州首相は快く受け入れるがベルギーから出られず、スペイン帰国したところで逮捕される事に念を置いた。

12月21日カタルーニャ州選挙 党派別議席予想

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。