otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

元州閣僚6名、保釈金付き釈放認める ジュンケラス氏含む4名拘束中

|

カタルーニャ州の独立宣言に至った一方的な独立プロセスを進ませ、国家反逆・反政府扇動・公金横領の容疑でマドリード刑務所で拘束されていたジュンケラス前副州首相を含む4名以外は、スペイン最高裁判所は元州閣僚6名の保釈金付き釈放を認めた。各々に10万ユーロ(約1336万円)支払いの他、パスポート剥奪と週間に1回の出頭義務が課される。

Consellers3
*左から(敬称略)ルメバ、バッサ、トゥルイ、ムンド、ルイ、ブラス元州閣僚6名は保釈金納付で釈放される

一方、最高裁判所のパブロ・ヤレナ裁判官はジュンケラス副州首相及びフォルン州内務相は法定中、検察側の質問に答えず、不協力的な態度を示したことにより、また反政府扇動行為を主導した独立推進団体「オムニウム・クルトゥラール」と「カタルーニャ国民会議」(ANC)のクイシャールとサンチェス代表らに関して、12月21日に控える州選挙を機に犯罪再執行の恐れがあるため、仮拘束を継続させると発表した。

Keimusho
*一方、ジュンケラス前副州首相、フォルン州内務相、クイシャールとサンチェス両氏は未だ拘束中。写真はLa Vanguardia紙から

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。