otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン前州首相 拘束中閣僚に「どんな手段に訴えても帰ってきてほしい」

|

現在、国家反逆罪・反政府扇動罪・公金横領罪の容疑にマドリード刑務所で拘束されているカタルーニャのウリオル・ジュンケラス前副州首相、並び元州閣僚7名独立推進団体カタルーニャ国民会議(ANC)とオムニウム・クルトゥラールの代表らジョルディ・サンチェス氏とジョルディ・クイシャール氏は皆、カルマ・フルカデイ州議長がそうした様に、憲法155条の適用を認め、12月21日に控えている州選挙に参加するため釈放を求めている

また、司法から逃げるためブリュッセルに逃亡したプッチダモン前州首相もTwitterから、「拘束されている皆さん、はじめから入るべきではなかった所から帰ってきてほしい、どんな手段に訴えてもだ。仕事はたくさん残っており、155条三者勢力(スペイン統一派の国民党(PP)・社会労働党(PSC)・市民党(Ciutadans)を指している )に刃向かえるため皆が必要。早い再会を願っている」と、155条に従う様に示唆する。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。