otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷中 被告人が服毒自殺

|

オランダ、ハーグにある旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)で、ボスニア紛争中(1992年 - 1995年) のクロアチア防衛評議会(HVO)の指揮官を務めたスロボダン・プラリャク氏(Slobodan Praljak、72)は、戦争犯罪により懲役20年の刑を言い渡された直後、 戦犯者であることを否定し、小さい容器から毒を飲む。2時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。毒の詳細や法廷への持ち込み方法は未だ不明


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。