otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン全国で24時間のタクシーストライキ再び

|

11月29日、スペイン中のタクシー運転手たちはマドリードに集い、UberやCabifyの活動に反対するデモ行進及び24時間ストライキを実行した。朝6時から始まったストライキは、首都マドリードへのアクセスで混乱を招き10キロ以上の大渋滞を発生させた。アメリカや欧州他連盟国で前述の様なドライバー・乗客探しアプリは人気を博すが、スペインのタクシー労働組合はこれらに配布される「運転手付きレンタカーライセンス(VTC)」を業界に対する無視できない脅威とみなしており、その活動の厳しい制御を求めている。



Taxi huelga*デモでは、バルセロナ独特の黄黒タクシーの姿も確認できた。


La Vanguardia紙の取材に応じたアルゼンチン出身、ロンドン在住のニコール氏は、仕事の都合でマドリードに着陸してから「第4ターミナルで長い間タクシーに乗るため行列で待っていた。乗客のないタクシーはたくさんあったのに誰も停まってくれなかった。ストライキがあったなんて知らなかった私たちは停まるようにサインもしたけど逆に笑われたこともあった」と述べる。過激的として知られるタクシー運転手組合は、デモを行いながらバスなど他交通手段に支障をもたらし国民から批判の声も少なくない


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。