otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリードのグランビア通り 車線減少でクリスマスの歩行者交通改善を

|

数多くの劇場館を持つスペイン首都マドリードの「ブロードウェイ」というべきグランビア通りでは、クリスマスの歩行者交通改善を測る一環として、市民は普段6車線を持つ通りのうち、2車線分に及ぶ合計5400平方メートルを得る。


一方向ごと内側車線は大型トラックを除く自動車と自転車専用に、外側車線はバイク、またバスとタクシーといった公共交通に占有される様になる。


Gran via madrid

*マドリードのグランビア通りの夜景。写真は Tandem Madridから


一つ一つ約800キロに達する 仮置きコンクリート製バリアは上り・下り両方向の外側車線の全長1400メートルで設置する作業は今夜から始まる。設置作業は23時から朝7時まで行われ、12月1日を目標に完成される予想。今回のクリスマス限定処置は1月7日まで有効と決定されたが、2018年冒頭に恒久的な歩道拡張工事も企画されている。


New gran via

*グランビア最終的姿の予想図、6車線は4車線に減少。写真はEl Confidencial紙から

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。