otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

10月バルセロナのホテル予約数 減少傾向に

|

10月行われたスペイン北東に位置するカタルーニャ州の緊張高まった違憲の住民投票を含む独立プロセスはホテルなど宿泊施設の予約数に悪影響を及ぼした模様。外国人の観光客に関して、2016年獲得した4.8%上昇とは対象に、今年は2.9%減少となっており、主要勧業における気になる結果を残す。加えて、スペイン全土の平均宿泊料は前年と比較すると0.8%上がる一方、カタルーニャの0.5%値下がりは印象的

Barcelona hotel 2


スペイン国立統計局(Instituto Nacional de Estadistica、 INE)の本日発表したデータによると、カタルーニャはスペイン全土の外国人宿泊の15.5%を納めるものの、2016年10月まで集めた1%マイナスを意味する。他には、バレアレス諸島(26.6%)とカナリア諸島(26%)がランキングのトップに君臨。また国別では、ドイツ人が外国人宿泊数の26.6%を占有しており、続いてはイギリス出身の観光客が25.2%とほぼ互角。

全国民を含めると、宿泊日数は前年同期間の2990万泊と比べ、1.1%の上昇を得て3090万泊にまで上る

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。