otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「更新」プッチダモン氏 解任された事を否定し、「元」州首相の年金恩給を受けとらない

|

スペインのクリストバル・モントロ財務大臣は、解任されたにも関わらず、未だ「正当なる州政府」の一員であると主張するプッチダモン氏に、元州首相として12万2000ユーロ(約1480万円)に上る年金恩給を受諾するかどうかを10日間以内に報告する様に求めていた。

Puigdemont pension

しかし22日、プッチダモン氏はブリュッセルから憲法155条の適用で解任されたことを認めないからこそ、「元」州首相に充てられる年金恩給は受け取らないと発表した。


仮に受諾すれば、自身の解任に至らしめたスペイン憲法155条の遵守を意味する事になり、今までの主張と矛盾してしまう。また独立代表格の立場上、12月21日に控えている州選挙に向けて、受諾する可能性が低いと見られていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。