otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

拘束中の元州閣僚ら 釈放されるため、憲法155条を遵守と主張

|

国家反逆罪・反政府扇動罪・公金横領罪の容疑に拘束されている元州閣僚数名は、カルマ・フルカデイ前州議長が「独立宣言は単なる象徴的(シンボリック)な意思表示だった」を認める事で保釈金納付後収監を免れた事を知って、弁明を変更している。ジョルディ・トゥルイ報道官(Jordi Turull)、ジョゼップ・ルイ州地方発展相(Josep Rull)、またジョアキン・フォルン州内務相(Joaquim Forn)3名の弁護士を経てスペイン全国管区裁判所に対して「抵抗もせずに、155条の適用を遵守する」と主張する事によって、釈放を求めている。


Consellers
*左からフォルン州内務相、トゥルイ報道官、ルイ州地方発展相。写真はEFEから

また、同じくマドリード刑務所に収監されているウリオル・ジュンケラス前副首相に関して、「155条適用を遵守する」という具体的な表現を避けるものの、「既に州政府の執行役ではなくなった」と認め、12月21日に控えている州選挙に参加するため、釈放を申請する。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。