otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「正当なる州政府」が写真から元閣僚の存在をフォトショップで消滅

|

一方的な独立宣言を行ってから、スペイン中央政府が憲法155条を適用し、プッチダモン前州首相らを解任させ、州議会も解散して、12月21日に州選挙を発表。その結果がわかるまで、一時的に中央政府の各省大臣が解任された州政府閣僚の該当する官職に当たる。


欧州加盟国から何のサポートも得なかった空想上というべき「共和国」だが、カタルーニャ州内では解散された前政権に執着し続ける機関が存在する。例を挙げると、こちらの州政府公認サイトをご覧ください。

Govern legitim


スペイン政府の介入を認めず、ブリュッセルに逃亡したプッチダモン前州首相や国家反逆を含む複数の容疑に問われ拘束されたジュンケラス前副州首相を未だ解任前の職名で紹介し、「正当なる州政府」の写真を示す。


一見普通に見えるが、元々の写真ではジュンケラス氏とプッチダモン氏の間にもう一名がいて、丸ごと消滅された。一方的な独立宣言が行われる数時間前に辞任したサンティ・ビラ氏

True govern


実は、現在のサイト写真は修正されたものの、元々は傑作を作ったアーティストがビラ氏の足を消滅するのを忘れ、SNSを騒がせている。ソビエト時代でスターリン政権がやった写真改ざんを思い出すという指摘もちらほら。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。