otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ナダル選手 ロンドンATPファイナルズ、膝の苦痛により棄権する

|

ロンドン開催中のATPファイナルズにて、先日男子シングルス年間1位のトロフィーを授与したラファエル・ナダル選手(31)は、屋内ハードコート「O2アリーナ」でベルギーのダビド・ゴフィン選手(26)と対面するが、今季の合計77試合で溜まってきた膝の負担がもたらす苦痛により、2時間37分かかった試合が後半になるとまともにプレイすることができず、7-6・6-7・6-4の結果を残し敗北を味わう。


マジョルカ出身は試合中に棄権の選択を既に決めていた模様で、「今はとにかく数週間の休憩をとりたい。膝が回復する次第、徐々に本来の調子を取り戻す。全豪オープンに向けて問題なく出場できるように最善を尽くす」とコメントを残した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。