otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン前州首相 独立以外の道程を辞さない

|

スペイン司法を逃げるため、ブリュッセルに渡航した カルラス・プッチダモン前州首相は、ベルギーの「Le Soir」紙のインタビューにて、スペインと独立以外の関係を受け入れる姿勢でいると主張し、違う解決策の可能性がまだ存在すると述べる。



他に、「スペイン国内で違う立場のカタルーニャを実現するため 30年以上努力してきた」と述べるが、1996年に国民党所属のホセ・マリア・アスナール(Jose Maria Aznar)元首相が政権を握って以来、その道のりが阻止されたと言い加える。


Puigdemont lesoir2

*ブリュッセル外周の森林公園でLe Soir紙のインタビューを受けるプッチダモン氏



プッチダモン氏は モンティーヤ元州首相同様、現在の危機的政治実態の原因は2010年、憲法裁判所が2006年に制定されたカタルーニャ州における自治憲章(Estatut)を違憲と見なされた事に起因するという。当時、州議会の独立派議員は135人の中でたったの14人なのに対し、今年では72人に上ったと強調した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。