otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フルカデイ州議長 「独立宣言は単なる象徴的な意思表示だった」

|

カタルーニャ州議会のカルマ・フルカデイ議長スペイン最高裁判所(Tribunal Supremo)のパブロ・ヤレナ裁判官の前で、州議会の解散に運ばせた憲法155条の適用を認め、更に10月27日州議会で行われた一方的な独立宣言象徴的な意思表示だったと訂正した。


Forcadell 2


*11月2日、1週間の猶予を得てから裁判所を出て行くフルカデイ州議長



先週収監されたジュンケラス前副州首相と州政府幹部らが示した非協力的な態度に打って変わって、フルカデイ議長は約2時間15分にわたり、検察側の質問に応じながら証言した。他にも問われる州議員らは同じ作戦を取ると見られている。


パブロ・ヤレナ裁判官は朝9時半から、違憲の独立宣言を最大目標に行動した州議員を国家反逆罪、反政府扇動罪、公金横領罪の容疑に問われている。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。