otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン憲法裁判所 一方的独立宣言を無効と判決

|

スペイン憲法裁判所は10月27日、カタルーニャ州議会で可決された一方的な独立宣言、及び9月7日同じく可決された住民投票法を無効にした。その判決において独立宣言を「法律国家に対する深刻な攻撃」と識別し、スペイン憲法に認められているカタルーニャ州の自治権は支配権と勘違いしてはならないことを指摘した。


Tribunal constitucional


*マドリードに位置する憲法裁判所。写真はWikipediaから



憲法裁判所はまた、州議会のカルマ・フルカデイ議長と前述の法律を可決させた州議員らの幾度となく違憲・違法と警告されたに関わらず実行に達っした行動をまとめ、書類送検する。11月2日、フルカデイ州議員たちは収監されたジュンケラス前副州首相たちと同様、国家反逆反政府扇動罪公金横領罪の容疑を巡る聴取されるため出廷したが、弁護側が弁明を用意するため1週間の猶予期間を求め、与えられた。9日に収監されるかどうかの判決が下る予定。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。