otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「動画」独立推進団デモ隊 州の高速道路、線路などを封鎖

|

11月8日、「ゼネスト」と自称しながら、カタルーニャ独立推進団体「共和国保護委員会」がデモを呼びかけ、朝6時からバルセロナの主要アクセスとなる「AP-7」高速道路を陣取って遮断したデモ隊が、独立運動に拍車をかけたジョルディ・サンチェス及びジョルディ・クイシャール代表らの釈放を求めるなど訴える。近日、挑発的に用いられている「平和的デモ」という表現は、日が立つにつれて、ますます説得力を失い続けている。 州各地にも同様のアクセス遮断が生じ、Renfe鉄道も通行止めを余儀なくされる。

Demo block

*独立派デモ隊による、AP-7主要高速道路の数キロに及ぶ通行止め


また、El Espanol紙によると、赤ん坊を路上に置いて自動車の通行止めを強制させる手段に出た方もいた模様:


朝8時に、プッチダモン前州首相の地元であり、独立思想が根強いジローナの高速鉄道「AVE」駅では、大勢が何気なく「自由」を訴えながら、バルセロナとフィゲラスが繋がる路線を占領し、車両の運行を一時停止させた。ビデオはLa Vanguardia紙による:


同じく昼過ぎに、空港と繋がるバルセロナ主要駅の一つ「サンツ駅」の線路にも大学生らが上り込み、近郊線「Rodalies」とAVEの運営に障害を与える: 



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。